薄毛治療で薄毛改善を目指す【フサフサ髪プロジェクト】

白いサプリと頭を抱える男性

男女で異なる薄毛

指を立てる医師

男性と女性の薄毛には、さまざまな違いがあります。
薄毛は、男女とも加齢が原因の1つです。
男性は思春期を過ぎた頃から、髪が細くなっていきます。
一方、女性は30代を過ぎた頃から、髪が細くなっていきます。
このように、男性と女性の髪の毛が細くなる時期には違いがあるのです。

男女の薄毛の違いは髪が細くなる時期だけではありません。
他にも、薄毛パターンに違いがあります。
男性の薄毛は、頭頂部や生え際の髪の毛が薄くなるのが特徴です。
また、男性は髪の毛が細くなるものの、密度に変化はないといった特徴もあります。
一方、女性の薄毛は分け目あたりが薄くなってくるのが特徴です。
また、髪の毛が細くなって密度も低下するといった特徴もあります。

薄毛は、ヘアサイクルが乱れることによって起こります。
そのヘアサイクルの乱れにも、男性と女性で違いがあるのです。
男性は、男性ホルモンによって髪が成長する「成長期」の期間が短くなります。
それにより、髪の毛の成長が途中で止まり抜けてしまいます。
女性は、髪の毛の成長がストップする「休止期」に抜け毛が増え、髪の毛が減ってしまいます。

女性には、出産後に髪の毛が抜け落ちてしまう女性特有の薄毛があります。
これを、「出産後脱毛」と呼んでいます。
妊娠時には、成長期を維持するエストロゲンの分泌が多くなり、退行期や休止期に移行しづらくなります。
出産後にはエストロゲンの分泌が正常に戻り、休止期に入らなかったために抜けなかった髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

男性、女性ともに薄毛で悩む人は、病院へ受診して薄毛治療を受けるのがおすすめです。
薄毛治療を受けることで、薄毛改善効果が期待できます。
病院では薄毛治療はもちろんのこと、薄毛改善のための生活習慣なども教えてくれます。