薄毛治療で薄毛改善を目指す【フサフサ髪プロジェクト】

白いサプリと頭を抱える男性

薄毛のセルフチェック

薬を見る医師

薄毛で悩むのは、男性、女性どちらも少なくないはずです。
薄毛なのかの判断は、自分でするのが難しいものです。
適切な判断をしてもらうには、病院へ行くという方法があります。
しかし、病院へ行くとなると時間やお金がかかります。
自分の薄毛を早期に気付くために、薄毛かもしれないと考える人はセルフチェックをしてみましょう。

髪の毛の量が少なくなってくると、髪にボリュームがなくなってきます。
洗髪をしたときには、頭皮に髪の毛が張り付き、頭皮が目立つようになってくるのです。
もし、髪の毛が濡れているときに頭皮が目立つようであれば、薄毛が進行しているのかもしれません。
また、薄毛が進行していると頭皮への髪の毛の定着力が落ちてしまいます。
洗髪時に髪の毛がたくさん抜けた、という経験を持っている人は多いのではないでしょうか。
洗髪時の抜け毛ではなく、洗髪後に手ぐしなどで髪の毛がたくさん抜けてしまうのは要注意です。

髪の毛が細くなってきたと感じたら、それは薄毛進行のサインです。
細くなっているということは、ヘアサイクルが正常に行われていない可能性があります。
毛が細くなっているか確認するために、スマホのカメラなどで頭頂部を写してみるといいでしょう。
カメラで記録していくことで、薄毛が進行しているのかを見極めることができます。

セルフチェックを行って薄毛が進行していると判断できたら、早期で病院に受診する必要があります。
早期で薄毛治療をすることで、改善も早くできるからです。
病院で薄毛治療を受けることで、薄毛が改善できたという事例が数多くあります。
薄毛が気になる人は、早めに病院で薄毛治療を受けましょう。