薄毛治療で薄毛改善を目指す【フサフサ髪プロジェクト】

白いサプリと頭を抱える男性

発毛、育毛などの違い

頭を気にする若い男性

薄毛対策や薄毛治療としてよく聞くのが、発毛、育毛、増毛、植毛の4つです。
これら4つには、どのような違いがあるのでしょうか。
1つずつ、特徴を説明していきます。

まず発毛ですが、これは髪の毛が抜けてしまった部分に、髪の毛が生えるようにアプローチすることです。
発毛は、どのタイプの薄毛にもできます。
発毛の1番のメリットは、どの方法よりも1番自然な髪の毛が生えることです。
ただし、自然な髪の毛が生えるといっても、すぐに効果を実感できるものではありません。
薄毛治療の方法として発毛を選ぶと、それなりの期間を要するため、継続力が求められます。

育毛は、今ある髪の毛の健康維持をしながら、1本1本の髪の毛を強くすることです。
髪の毛が薄くなってきた人、抜け毛が増えてきた人、これ以上薄毛を進行させたくない人におすすめです。
発毛同様に、育毛でも自然な髪の毛を手に入れることができます。
ただし、この方法はそれほど薄毛が進行していない人に向いている薄毛治療です。
ですから、薄毛が進行して髪の毛がないという人は他の方法で薄毛治療を行う必要があります。

増毛は、残っている髪の毛に人工の髪の毛をプラスして薄毛を改善する薄毛治療です。
この方法での薄毛治療の最大のメリットというと、すぐに髪の毛を増やせることです。
発毛や育毛は長期的に行わなければなりませんが、増毛はそれほど期間を要しません。
そのため、すぐにでも髪の毛を増やしたいという人に向いている方法です。
ただし、この方法は2、3ヶ月に1回の頻度でメンテナンスが必要になります。
さらに、自然な人工毛を選ぶとなるとそれなりの費用がするというのも頭に入れておく必要があります。

植毛は、毛を植えて髪の毛を増やす薄毛治療です。
植毛には、自毛植毛と人工毛植毛の2つの方法があります。
自毛植毛とは、自分の髪の毛を毛のない部分に移植する方法です。
一方、人工毛植毛は人工毛を植える方法です。
自毛植毛と人工毛植毛どちらも、すぐに髪の毛を増やすことができます。
自毛植毛であれば、自分の髪の毛を植えるため自然な仕上がりになり、拒絶反応も起こりにくいといった特徴があります。